私自身がブランドになる!


新年度が始まる前、内示を受けました。

昨年はクリエイティブ部門の子会社が親会社に吸収合併。生き残った私は、同じクリエイティブ部門で事務の役割をしていたのです。子会社を引き継ぐ部の中で、ファッショナブルな存在となり、部のブランドイメージ向上に貢献しようとしたのでした。

ところが、内示で私はクリエイターではないから部から出ることを聞かされました。同じ階の違う部で階全体の業務推進に携わって欲しいと。

かなり落ち込みました。部の雰囲気づくり、業務に貢献しているつもりでいたのですから。お洒落な着こなしで日々笑顔で、業務も心を込めてだなんて、なんて私は滑稽なの。

部のコーヒーも、工夫してカフェのように楽しく打合せが出来るよう いれていました。ですが、部を離れてもコーヒーはいれてと軽く言われた時、私の中で何かが崩れました。


a0123450_18073476.jpg


言葉から心は見える。事務仕事も尊重されていなければ、コーヒーを朝も午後も用意していることも尊重されていない。

コーヒーはいれるだけではない。ポットの洗浄や備品の注文、在庫、経費の申請処理。それをしている間は他の仕事が出来ない。殆どの人が帰った後、残業してからすぐ帰れずポットを洗う大変さも、やった者にしかわかるまい。

転部しても、この部の会議費のコーヒーを 私にいれろと言うのか。

3月。 参加最後の部会で、私は「負担だからやめる」と宣言しました。



新しく配属された部で、みんなに馴染みたい。そこでは、各自の飲み物は各自で用意している。営業部と関わりを持つ仕事は続けるまま、私は、クリエイティブ部門から離れました。

会社でこそヒールを履くという姿勢は同じまま。悔し泣きしている場合ではない。この方が良かったのかもしれない。もう頑張ってコーヒーをいれなくていい。楽になる! 着こなしは一層お洒落であれ! 会社は美を磨くところ。

前の私なら、頼まれたから、みんながコーヒー飲むのを楽しみにしていたから、美味しいコーヒーだから、業者さんをガックリさせてはいけないから・・・と もしかしたらいれ続けていたかもしれない。

私は、自分を大切にすることを覚えた。その自分が、今は愛おしくて誇らしい。

クリエイターの広い席では、Birmingham Street Art Fair の作品を飾っていたけれど、

狭い席では飾るスペースもなく、今では家に持ち帰って飾っている。

新しい部に移って来て間もない。でも、こじんまりとした席で雰囲気も明るいです。出来れば、その部独自の仕事でも役に立ちたい。「ゆっくりでいいよ」と言う新しい上司の言葉。どうかうまく行きますように。

全ての人に親切であれ。 自分に言い聞かせる。

過去1年間、部のブランドを高めようとして来た私。その想いは、無駄ではなかったのです。ただ、次に進む時期が来たのです。

コーヒーはやめることにしたと、先日 前の上司から聞きました。私の他に いれる人は現れませんでした。その方も優しい方だったのです。私のお給料が上がるよう人事部に言って下さいました。

階だけではなく、会社全体の中で 印象を残せるようになりたい。仕事の誠実さ、笑顔、見てときめくようなスタイリッシュさを、心新たに目指そう。あの人と仕事をするのが嬉しいと思ってもらえるように。そう、それがいいね。それこそが今の私にふさわしいんだ。


私自身がブランドになろう。




[PR]
by miniature-rose | 2017-04-15 19:31 | days...

Roseです。東京でOLをしながら、アメリカを訪れる休暇を楽しみにしています。理由があって、2015年4月4日にカトリックになりました。洗礼名は Raphaela 意味は "God heals." 「今」に生き 愛しい日々を大切に・・・☆


by Rose