カテゴリ:dear( 98 )


「言葉」は何のためにあるものでしょうか。

もちろん「用を足すためにある」のにはちがいないが、用が足せさえすればそれでよい・・・というものではないはずです。

お互いが用を足すために「言葉」のやりとりをする、その同じ「言葉」でもちょっとしたつかい方でそれを聞いた人の心がポッと温められて、しあわせな気持ちになったり、また、反対に味気ない不愉快な気持ちで、生きているのもいやになることさえあるのです。

それというのも「言葉」にはそれを口にする人の心の温かさ、冷たさが必ず反映されるからなのです。



a0123450_17003877.jpg



誰にでも経験をしたことがあると思いますが、話しあっていることそのものは、少しも不愉快なことではないのに、聞いていて何ともいえない不愉快な思いにさせられたり、逆に、あまりうれしい様な話ではないのに、ほんのちょっとした相手の温かい言葉づかいから、気分がスカッと晴れわたり、たとえそれがいやな話であっても、その言葉を聞いていると、その日一日が何となくうれしいという様なこともありましょう。

だから、私たちが毎日耳にする言葉の一つ一つが、みんなの気持ちを明るくする様な、いたわりや思いやりのある、温かい心から出た言葉ばかりであったら、どんなにすがすがしい毎日が送れるだろう・・・とは思いませんか。




中原淳一   幼いころから「天才」と呼ばれ、そのほとばしる才能に肉体が追いつかないかのように、眠る時間を削って表現し続け、人生を駆けぬけていった一人の芸術家。彼にとって「美しい」とは、外見の美だけでなく、優しい心遣い、思いやり、弱い者や悩む人への愛、謙遜の美徳、清潔なすがすがしさといった人間のあり方のすべてを指していました。そして、日常の暮らしを美しく生きることによって初めて、人生を楽しみ、生きることを喜ぶことが出来る、と考えました。「美しい暮らし」はただ漫然と日々を暮らすことからは生まれず、「美しさ」というものを知り、ものを考える賢さを持つこと。ものを大切にし、生活の中で様々に工夫する心を育て、実践していくことからこそ生まれる。本当の贅沢とは、そういうことをいうのだと説く淳一の言葉は、ものがあり余っている現代にこそ、いっそう強く私たちの心に響くのではないでしょうか。
中原淳一エッセイ画集 しあわせの花束 より



[PR]
by miniature-rose | 2017-02-12 17:35 | dear

クリスマスシーズンは ずっと風邪を引いていたので、会社には なんとか行きましたが 日曜ミサは行っていませんでした。その内に、私がカトリックになったのは彼のためだから、もう私は教会に無理して行かなくてもいいのではないか、という気持ちが動いて来ました。

もう、教会に通うのを止めてしまおうか。

そしたら、私の神父様にも会えなくなる。

体調も戻って来ていた今日、教会に行きました。一ヵ月ぶりとなりました。


a0123450_18012960.jpg


クリスマスに間に合った! 日本式と違って年明けもクリスマスデコレーションが続くお陰です。日曜日は今日が見納めになるでしょう。

本日のミサは Epiphany  東方の三博士がベツレヘムに来たことを祝う日
星の導きによって、幼子イエスが生まれた場所へと学者達が案内された日

クリスマスソングも歌えました。残していた もう一つのクリスマスが、私の中で終わりました。

本日の教会カラーは白 私は白いシャツで行きました。神父様にも会えました。
下の写真は2015年のもので緑の衣装ですが、本日は白のガーメントを御召しになっていました。


a0123450_18165691.jpg


週末毎に、ミサの後 勉強会に参加していた日々・・ 今はもう ミサに来れる時だけ来ているのみだけれど

今日は 前の席に座るのを避けてミサに参加していたら、教会から聖餐を手伝って欲しいと呼ばれました。一ヵ月ぶりだろうと、どこに座っていようと、ミサの最中にお呼びが来るのですね! それからというもの緊張してミサに集中出来ず、席を移動し 後ろから そおっと前方に移動。壇上にすぐ上がれるように。

私はワインを持って立ち、並ぶ信者の皆様にグラスを渡す役 ”Blood of Christ"と一人一人に言います。



a0123450_18284803.jpg   






   神父様が肌身離さず身につけている
   ミニ・ロザリー




a0123450_18301140.jpg









  
     勉強会に参加していた当時
     写させて頂きました。










神様、私は久しぶりに教会に来たのです。信者は山ほどいるのに、何故 私が壇上にあがって式を行うのでしょう? 私は、クリスチャンになった今も模索中なのですよ。自分の無力さが身にしみます。

だからですか?

だから私を勇気づけようと、隠れるように座っていた私を、目立つ場所に引き上げて下さったのですか?

神様、私を呼びましたか?







東方の三博士を導いた夜空の星は、心を導く光  一人一人の心の中に働いている光・・・



Lord, did you call me? クリスマスに間に合った1月8日の日曜日(旅行・お出かけ部門)

[PR]
by miniature-rose | 2017-01-08 19:01 | dear

優しい あなたさまへ


Roseのブログを訪れて下さっている皆さま

今年も ありがとうございました。

私は、相変わらずクリスマスの時期から風邪を引いたまま。(++)このお休みは身体を休めることに専念の状態です。家族とは久しぶりに会えますけどね。Wish me luck!

ミシガン旅行記は、撮りためた写真をUPし終わるまで続けることに致しました。ブログを続けるかどうかは、多くのブロガーさんが何度となく考えることだと思います。ミシガンに住んでいる皆さま、他の全ての皆さまに、Roseは こんなところにいたんだって、私が肌で感じたした体験をお伝え出来たらいいと思います。楽しんで頂けますように。。。 そして、ミシガンを愛した女性がいたことを、心のどこかに覚えていてもらえたら嬉しいです。



a0123450_09501691.jpg



Frankfort は ミシガン湖岸にある街 Traverse Cityの西方、車で約1時間弱といったところでしょうか。

お兄さんの内1人が 最近は 北ミシガンで仕事をしているので、Collieは時折 会いに行っています。

自然のままのpureな砂丘・・・  これは、今年の10月10日に受け取った画像です。
私の日本での運転免許取得記念日 すっかりペーパードライバーですけどね...苦笑

ミシガンは寒いけれど、新年は雪が降らないですみそうですね。
東京は、不思議と お正月休みは いつも晴れ日が続きます。素敵なことです。

またブログでお会いしましょう。^^


I will see you in 2017 



優しい あなたさまへ(旅行・お出かけ部門)

[PR]
by miniature-rose | 2016-12-31 10:17 | dear

どうやら、風邪が治らないので 今夜のクリスマスイヴ・ミサには行けなさそうです。
家で静かに過ごすことといたしましょうか・・・

これはCollieが日本の修道女さんからチャリティーで取り寄せたクリスマスカード
日本風にマリア様と幼子イエスを現しています。各国で、その国にちなんだ衣装でこのようなカードがあるようですが − 私には いまいちピンときません。 だってマリア様は日本人ではないのですもの。。
でも、Collieは日本のカードがとても気に入っています。

この画像を送ってくれた返信に、私は日本人の美を "quiet beautifulness" と表現しました。彼は、その言葉がとても気に入ったと同意しました。そうです、目の覚めるような、きらめく豪華さとはまた違う、内に秘めた美しさに、静かでありながら強さがあるのです。彼が日本を尊敬しているのは、このような所に魅かれるからなのかもしれません。


a0123450_12252538.jpg


予言者イザヤの言葉  けがれなき乙女が男の子を産む。その子は Emmanuel と名付けられる。
Emmanuel は、God is with us. という意味です。

イエスの誕生によって、イザヤの予言が実現されました。 幼子イエスを抱くマリア様・・・

God is with us.  どんなに辛いことがあっても、神様は私達を見守っていて下さいます。悲しくて孤独に感じる時、私は言います。自分は独りではないことを。何故なら、神様がいつも一緒にいて下さるのだから。あなたの行いも、受けた屈辱も、全て神様は見て下さっています。あなたは、行き場のない想いを抱えたままでいなくていい。説明しなくても、ちゃんと神様が受け止めてくれているのだから。


a0123450_12393585.jpg


おまけ写真は高田馬場の Cafe Cotton Club
クリスマスシーズン以外でも、一年中このようにライトアップされています


クリスマス キリスト様の誕生された日
喜びを表現するものとして、クリスマスプレゼントが行われるようになりました。

贈り物は愛を運び、受け取った人も愛を返す。しかしながら、私達はクリスマスの時だけでなく、一年中愛を与え合おうではないですか。それは、ラッピングされていなくてもいいんです。愛を言葉で現し、行いにおいて現し、お互い感じとろうではありませんか。

Jesus is the Savior.  クリスマスの時だけではなく 一年中 神様は多くの、驚くべき方法で、私達に愛を与えて下さっているのです。



●Christmas ☆ 愛を再確認する日(旅行・お出かけ部門)

[PR]
by miniature-rose | 2016-12-24 13:07 | dear

今日は、クリスマスに家で飲もうと思う赤ワインを買って帰って来ましたよ。うふ、好みの南フランス しっとりとした赤はカベルネです その後はYoutubeで英語のリスニングだ=3 と思っていましたが、Collieから写真が送られて来たので また「Collie通信」です。

私が朝 会社のデスクにいる時、ミシガンは夜。Collieは ふとんにくるまってお休みする時間です。


a0123450_20321388.jpg


おおおっ Roseが今年の誕生日にプレゼントで送った手編みマフラーじゃーないですかっ。
いいねえ〜〜〜。。 (− −)この、ふとんの中に もぞもぞ入って行って、ぎゅむ〜っと寄りかかりたい衝動にかられるわ....(ねこですかい)

Collieちゃんは やることが おもろい。 やっぱり可愛いのね・・・

しかしこの、顔が全部写っていない写真は、まさしくブログに使っちゃえるぞ写真だわ。さては おぬしねらったな。

でも、いいか・・それはそれで。

ふたりで作るブログよのう。。(− −)ふふ

おかげで会社で妄想にかられるRoseは、昨日は11月の計上で忙しかったので、今日は のんびり過ごしたのでした。明日の金曜日は しゃきっとしよう。会社は魅力を磨く場である。ナチュラルでセンスよい着こなし、微笑み、心使い、実行していますよ〜。クリスマスへ向かう街がワクワク感に包まれるこの時期、12月を楽しみましょうね!




[PR]
by miniature-rose | 2016-12-08 20:55 | dear

わたしの部屋に 長い間あって、ずっと わたしと一緒にいてくれた ぬいぐるみたち

実家から持って来た大きなくま かつて好きだった男性からプレゼントされたくま
自分でどうしても欲しくて買ったペンギン・・・ ねこや小さなカンガルー、くま

かわいくて 抱きしめて 泣いた。

大人のわたしが持っていて過去にしばられるより、あなたたちは 可愛がってくれる子供たちのもとへ


a0123450_10153332.jpg


この子たちは NPO法人 国際子供友好協会 に送りました。世界の恵まれない子供たちにぬいぐるみを届けてくれる団体です。元払い宅急便で送れば、協会で振り分け ぬいぐるみを子供達に渡してくれるのです。

ネットで調べると、ぬいぐるみを神社でお焚き上げがありましたが、燃やしてしまうのは悲しくて。他には 捨ててもいいけれど、ぬいぐるみの顔に白い布を被せて塩をふってから・・もありましたが、それもいたたまれなかったです。

なので、この子たちが 世界のどこかで 子供たちに喜んでもらえる方法を選びました。


a0123450_10284366.jpg


金曜日の夜、思い立って ぬいぐるみをせっけん水で拭いて、その後何回も水を含ませた布で拭き、仕上げは乾いたタオルでふんわりと拭きました。こうして出窓に置いておけば、明日の朝から日光でよく乾くね。


a0123450_10324212.jpg


土曜日 洗濯物の室内干しと一緒に乾いていく ぬいぐるみたち よく乾くように向きも変えて

大きなくまちゃんの衣装は洗濯機で洗いました。


a0123450_10361725.jpg


日曜日 大きなくまに奇麗になったぼうしと洋服を着せて 他の子たちも一緒に記念撮影しようね

大好きな子たち  今までありがとう 本当にありがとう

手放す決心をしてごめんなさい  どうか可愛がってもらえますように・・・


a0123450_10434662.jpg


そして わたしの部屋には この子たちが残りました。

パソコン裏からライティングデスクの高い位置に移動して、今、わたしの部屋を見渡しています。


これからの人生において、自分の持ち物を少なくすることを選択したRose

送った子たちは ここにはもういないけれど  ふと 思い出せば −

いつでも  私の心の中に いつもいてくれるのです。

  


[PR]
by miniature-rose | 2016-11-26 11:02 | dear

One night a man had a dream.


He dreamed he was walking along the beach with the Lord. Across the sky flashed scenes from his life. For each scene, he noticed two sets of footprints in the sand; one belonging to him, and the other to the Lord.


When the last scene of his life flashed before him, he looked back at the footprints in the sand. He noticed that many times along the path of his life there was only one set of footprints. He also noticed that it happened at the very lowest and saddest times in his life. This really bothered him and he questioned the Lord about it.



a0123450_19294983.jpg




"Lord, you said that once I decided to follow you, you'd walk with me all the way. But I have noticed that during the most troublesome times in my life, there is only one set of footprints. I don't understand why when I needed you most you would leave me."



The Lord replied, "My precious, precious child, I love you and I would never leave you. During your times of trial and suffering, when you see only one set of footprints, it was then that I carried you."




[PR]
by miniature-rose | 2016-09-10 19:51 | dear

土光敏夫氏は父方の親戚にあたる。

実家には私が子供の頃から土光敏夫氏の本があった。


土光敏夫氏の名言集 は いろいろあるが、土光さんが1つあげるなら、と座右の銘としてあげた言葉を紹介したい。

「日に新たに、日々に新たなり」

中国・商時代 湯王の言葉が原点となっている。

今日という日は貧乏人にも王様にも、みな平等にやってくる。そんな大切な日だから、もっとも有意義に過ごさなければならない。そのためには、今日の行いは昨日より新しくよくなり、明日の行いは今日よりもさらに新しくなるように心がけるべきである という意味である。


a0123450_10131147.jpg


誰の上にも1日24時間という時間が等しく与えられ、それをどう使うかが人生を分ける。

与えられた24時間の中で一気に変わることは出来ないが、こつこつと地道に努力の質を上げて先へと向かって行く。

昨日の時間を今やり直すことは出来ないし、明日の時間を今使うことも出来ない。

「今」が大切なのである。

今日という日は、昨日より新しく、よくなる。明日という日は、今日よりもまた新たな展望が見える・・・その積み重ねで、毎日を有意義に過ごして、生きて行こう。


上記リンクページにあげられた名言の1つですが、こんな所も好きです。
僕は石川島(播磨重工)でもそうだったけど、社員をクビにはしない。役付取締役に全部平取締役になってもらった。ウエットといやあウエットだけど逆なんだ。人はすぐあれはこの点が駄目だと欠点を言うじゃないですか。神様はそんなことしませんね。誰だって長所があるもんだ。長所を見ないで人事をやるなんておかしいですよ。そういうところで外れた人はぼくの直属にします。それが僕のやり方。意見は言います。熱を入れてしゃべるから社長は怒ったなんて誤解されることもあるが、ぼくは怒ったことなんてないんだ。

私のご先祖様に、こんなにも熱血で温かく、トップに立っても謙虚な姿勢を持ち続けた、偉大な方がいらっしゃった・・・! "土光のおじさま" と慣れ親しんで来た子供時代から今、何度も心に刻もうと決心した。




「日に新たに、日々に新たなり」




[PR]
by miniature-rose | 2016-09-03 10:51 | dear

マジで生きろ 死ぬ気で やりたいことやってみろ

たった一度の人生を やなことばかりに追われて
無駄に過ごし 生きてる意味なんてどこにもねえ


自分のハンドルにぎって 行きたい場所に行けばいい
どこのゴールめざすかは 自分自身で決めろ



a0123450_15363496.jpg
Michigan photo by Rose




好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者
かさこさんのブログ  

Roseが「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」に参加した時のブログ
記事  




[PR]
by miniature-rose | 2016-08-27 15:51 | dear

わたくしが、週に2度ほど通っているHOOTERSですが・・・(ランチよ)

窓側ソファー席に通された時、目の前に こんなポスターが貼ってありました。
2016年の美女グランプリですねー070.gif070.gif070.gif


a0123450_13293821.jpg


1位は 私がランチ食べてるGINZA店からなのねっ049.gif Beautifulですわー♡♡♡
全ての方が素晴らしいわー053.gif

姿勢は これでもかっ!てくらい胸を張るのを意識するのがいいのは、FOOTERSに限ったことではなナイ034.gifのよー。

姿勢がいいと抜群なオーラが放てる!!! 仕事も うまくいくし自信もつく!!!


ミランダ・カーもフレンチフライは大好きだそう。お食事は、80%ヘルシーを頑張ったら、後の20%は好きなもので自分をトリートしてあげましょう056.gif

これって楽しくセクシーに生きるコツだと思うよっ072.gif




[PR]
by miniature-rose | 2016-08-13 13:42 | dear

Everything happens for a reason. That reason causes change. Sometimes it hurts. Sometimes it's hard. But in the end it's all for the best. ☆ 私の洗礼名は Raphaela 意味は "God heals." ☆「今」に生き 愛しい日々を大切にしたい!


by Rose