私の人生に素敵な男性が現れてから10年


出会った時から、本当は出会う前から 好きで好きで
こんなに好きでどうしよう〜と感じた男性

私の人生に現れたのは 2006年6月
2016年6月の今は10年目なんだね

最初の頃 私はダサかったから、彼に さよならされてしまったの
数年間は 空虚感が続いて、やっぱり彼が忘れられなかった

それから彼を魅き付けられるような女性になることを決意
でも それは表面上だけで中身が本当に変わった訳ではなく

彼に愛されようとしてした努力は自分を愛しての行動とは違うから、私は光を失って行った

自分では こんなに頑張っているのに どうしてなの?と辛くて
フラれた時に終わっていたんじゃない?と言われてもしょうがなかった

自分の人生だから

自分がどうしたいか決めるしかない


a0123450_17235417.jpg


出会った頃の彼は、今よりもっとハツラツとしていて元気で

彼は 野球もテニスもゴルフもスキーも得意

人を尊敬する心があって、謙虚で、優しくて、責任感があって、待ち合わせの時間にはちゃんと遅れずにやって来る。真面目だけれどユーモアがあって、心配症で、面倒見がよくって、笑顔も、真剣な顔も、全てが好きで

求めていることが なかなか叶わないのは、本当は心底望んでいないからだと習った
不安がないと言えば嘘になるが、とにかくアメリカでスタートしたい

心と対話して自分を理解し、自分が好きなことをすることによって輝きを取り戻したい
正確には取り戻すのではなく、今迄自分を大切にしていなかったから輝くのはこれから

彼も これから元気になる!

神父様の言った、「人が人を好きになるのは奇跡」という素晴らしい言葉

キリスト教と心理学との折り合いが今は難しいけれど、神父様のミサに参加します

物事は順番にやって来る。私はカトリックになったことを後悔していないし、次は、人生観を覆す心のしくみについて学ぶのが必要な時なのだ。

Collie

私の人生に現れてくれてありがとう。私が選んだから現れたのかもって今、思ったよ。




[PR]
by miniature-rose | 2016-06-12 18:11 | dear

Roseです。東京でOLをしながら、アメリカを訪れる休暇を楽しみにしています。理由があって、2015年4月4日にカトリックになりました。洗礼名は Raphaela 意味は "God heals." 「今」に生き 愛しい日々を大切に・・・☆


by Rose