キッチン共有と宣伝していたにもかかわらず「入るな」と言われたAirbnb


日曜日の朝174.png

昨日 近所のWhole Foods Marketで買った食料をテーブルに持って来ました。

朝、Collieちゃんがキッチンは使わせてもらっていいのかな?と まま母オーナーに聞いたら「ダメだ」と言われました148.png Airbnbの広告ではダイニングとキッチンは共有と書いてあったのに149.png149.png149.png まあ、昨夜のWifiの件といい、さしてびっくりしませんでしたが。

個室の冷蔵庫にはプラスチックの皿とグラスが吊り下げられていたので、そこから取ってダイニングに持って来ました。後から知ったのですが、この皿とグラスも泊まり客からの指摘でしぶしぶ追加したらしいです。その人も要望があったらプライベートで教えてと言われて、書いたらお返しに自分のパブリックページで悪口の逆襲に会ったのかしら?105.png とにかく、この家の人は家ではなく外に食べに行ってもらいたいのです。

今思えば後悔しています。Airbnbに対してのレビューは、これから泊まるか判断するお客に向けて参考になることを書くべきなのですから。パブリックなレビューでは不利になることを書かせず、プライベートで書かせるオーナーの策略に まんまとのってしまったのでした。


a0123450_08522657.jpg


キッチン入れないからな...(・・)パンを軽くトーストするとか出来たら嬉しかったけど。。手でわしっとパンをちぎってチーズとチキンを挟みます。Collieちゃんはプラスチックのコップ、使わなかった。コップは一人一つしかないから汚さないようにして、オレンジジュースは直接びんから飲んでた。Roseは微炭酸のピンクグレープジュースを、プラスッチックのグラスに注いだ。軽いから倒れないよう そっと。せっかくの珍しい微炭酸はグラスに注いでみたかったからです。

シナモンロールも、ちょこっと せめてレンジで温めることが出来たら嬉しいに違いないけれど・・・

続き部屋のキッチンからは、料理を温めた匂いがぷ〜んと漂って来る。

泊まり客は温かい飲み物は作れないから、用意して来たティーバックの出番はありませんでした。

最近スマホに「Airbnbでコーヒーと共に迎える清々しい朝・・♪」みたいな広告が表示され苦笑してしまいましたよ。宣伝の意図は、ホテルとはまた違う、アットホームな家だからこそ味わえる素敵な朝食を経験しましょう!ですから。そうなんですよねー。Airbnbのbnbって、"bed & breakfast"ですよね。お湯もレンジも使えないなんて思わなかったわー。103.png いえ、いいんです。もしちゃんと「キッチン使用不可」って書いてくれていたのなら。問題なのは、「キッチン共有」とあったのに「入るな」だったから。ウソの広告はいけませんよねー。


a0123450_09200628.jpg
a0123450_09201120.jpg





















食事をしていると、シベリアンハスキーが。女の子です。泊まり客にフレンドリーです。


a0123450_09244457.jpg


Whole Foodsで買った この可愛いシナモンロール、日本に持ち帰りました。美味しかったです❤︎
オーブントースターで温めるとシナモンの風味が増して、パンもいい感じで柔らかくなりました。

食感は、ベーカリータイプのように層はなくて、アーモンドプードルでしっとりのフィナンシェがくるくる巻いてある感じです。

ほんのちょっとしたことで人は幸せに感じると思います。例えば、カフェで店員さんがおかわりのコーヒーを笑顔で注ぎに来てくれた・・・ それだけでも、気持ちが明るくなり、嬉しかったりするのです。一日の気分さえ明るくするような・・・ 値段ではありません。もう少し如何ですか? と、相手にもっと楽しんでもらいたいという気持が嬉しい。それで温かいコーヒーがもっと素敵なものになるのです。

今は夏だからいいけれど(夏でもコーヒーをホットで飲みますが)、ミシガンの寒い季節は、温かい飲み物だけでも 泊まり客に安らぎを与えるに違いありません。

お金をもらう客じゃなくたって、私なら「コーヒーいれるけれど一緒に如何ですか?」とか、すぐ側にいるのだから「あら、パンはトースターがありますのでよかったら使って下さいね!」とか言いますよ。ついでに「これ食べますー!?^^」なんて言っちゃいそう。

いろいろ書いてしまいました。117.png いいんです、何度も言いますが「キッチン使用不可」とさえ表示があれば、こちらも期待しませんから。。


a0123450_09442169.jpg
a0123450_09441517.jpg





















食事の後、CollieちゃんはRoseの使ったグラスを、これをすすぎたいのですがと まま母オーナーに頼んでいました。偉いのう。。 私だったら、すっかりひるんでバスルームの水道で洗ってしまいそうです。Airbnbの名前は義母ですが、私の中では継母のイメージです。だから まま母オーナーと呼びます。


a0123450_09562788.jpg


Birminghamの豊富なレストランへ行くよう、客に進めている。まま母オーナーは言うけれど。

歩いて行けるところは二つ三つあり一番近いところで徒歩18分です。人によっては朝は家でさっと済ませたいこともあるでしょう。ほとんどのAirbnbはキッチンが使えますから。

文句があるならホテルに泊まれ。まま母オーナーの意見。いいんです、それはあなた方の自由ですから。
また言いますが、「キッチン使用不可」と本当のことを表示して下さい。それならここは選びません。

予約することはもうないですが、ミシガンへ来る前、楽しみに胸躍らせたAirbnbでした。


a0123450_10201932.jpg


昨日、Collieちゃんがこんなのを添付ファイルで送って来た。102.png...... これは、Roseに言っているのね。。
はい、体験談をブログに書きましたが、grudge(恨み)は持ち続けないようにします。ありがとうーー!

許すことって、忘れることと同義語でもあるよ。一期一会だからね。(三日泊まったけど)
お互い関わりたいならまた出会いはあるけれど、今回の人々は、もう会わない過去の人々。

それでも、ここを拠点にしてBirminghamの街を探索出来た経験は素晴らしかった。
だから、これからは感謝の気持ちだけを持ち続けることとしょう。"successful"に!




[PR]
by miniature-rose | 2018-07-22 10:43 | to Michigan

Roseです。東京でOLをしながら、アメリカを訪れる休暇を楽しみにしています。理由があって、2015年4月4日にカトリックになりました。洗礼名は Raphaela 意味は "God heals." 「今」に生き 愛しい日々を大切に・・・☆


by Rose