<   2018年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧


Astoria Pastry Shop proudly maintains the highest standards to transform its passion for sweet confections into more than 100 fine pastries for your enjoyment. Pastries from Astoria can be savored with specialty coffees or packaged for home or your special occasions. visitdetroit.comより


a0123450_10583761.jpg


デトロイトダウンタウンはグリークタウンにある ASTRORIA PASTRY SHOP

いつも人々で賑わい、大人気のお店です。100種類以上のお菓子!!! 選ぶのに迷ってしまいそう。

店内でコーヒーと頂けるスペースもあります。


a0123450_11142526.jpg


え〜と、これは White Chocolate Raspberry Cheesecake・・・ エレガントで素敵☆

たっぷりホイップクリームにうっとりです。。


a0123450_11204532.jpg


わお177.png Roseの大好きな Carrot Cake があるではないですか〜〜〜113.png 苺のケーキも美味しそう❤︎

最高の美味しいお菓子を作り続ける情熱が、訪れる人々を魅了していると評判のお店。常連客が多そう!


a0123450_11252627.jpg


シナモンロールもありますね169.png Roseは手前の Milk Chocolate Chunk に興味があります。

う〜ん 今回は別の所でクッキー買ったから、次回のお楽しみに。。待ち遠しいです・・・


a0123450_11290641.jpg


これは、クロワッサンドーナツかしら?? 生地がパリパリしていそうですね101.png


a0123450_11301741.jpg


ああっ!!! MINI Carrot Cake があります! これなら味見をかねて最適!!

旦那様へのお菓子を買うK様が、Roseのケーキも一緒に買ってくれました。。(--)すみません...
嬉しいです。お礼にK様がお家へ持ち帰る品々を買いたい気持ちだったのですが、買って下さいました。


a0123450_11381203.jpg


Red Velvet Cake 162.png162.png162.png 明るめの鮮やかな色ですね〜〜〜。色にビックリしつつも憧れです。

ここで食べながらお茶してもいいとK様が言ってくれたのですが 迫力のケーキは我慢しました。


a0123450_11421634.jpg


やっぱりアメリカのお菓子はワクワクします110.png 見ていて幸せです❤︎
次はどれにしようかなって嬉しい悩みが日々を彩りそう。ほんっとミシガンに住んでいたらなと思います。

Sweet Potato Pie なんて日本的?なのもあるのですね。丸いパイがそのまま小さくなった感じで可愛い〜。


a0123450_12021084.jpg


再び訪れることが出来てよかったです。連れて来てくれてありがとうございます。178.png


a0123450_12040955.jpg


K様がお母様と半分コしたというのは、この大きな Cheesecake ですよね? 美味しそうです111.png

私もいつか買いたいです。私は、Collieと半分コするかな、それともお母様とかな。。

あるいは・・・ 小分けにして全部一人で食べてしまうかもしれません。笑




[PR]
by miniature-rose | 2018-07-29 12:10 | to Michigan

ルネサンスセンターに現れたK様は紺色の浴衣姿で - ぱきぱきと動くエネルギッシュさ、そして
着物に洋風のお帽子が印象的でした。いいですね! 帽子は日差しから肌を守るために必要です。
私もアメリカで浴衣を着て昼間歩くことがあったら そうしてみたい〜。新鮮でお洒落ですよね♬

私は少し緊張しています・・・ Collieが目的地に出発し、K様と2人になりました。

「行きましょうか!?」 ぱきっと元気にK様がおっしゃいます。

早速 K様によるデトロイト案内開始!


a0123450_11490631.jpg


ルネサンスセンターの反対側 グリークタウンへ向かって歩きます。

私は Detroit People Mover に乗って Greektown駅で降りたことがあります。
賑やかで面白い街だなぁと印象的だったので、Detroitに行くならそこも!と「何か見たい所ありますか?」と事前にメールで聞いて下さった時に答えていたのでした。K様はDetroitに詳しいし安心です。


a0123450_11544095.jpg


Collieがルネサンスセンターからグリークタウンは意外と近いと教えてくれたのですが、なにしろ私は方向がわかりません。。そこはもう、K様が慣れた足取りでお歩きになる後を、ひたすらついて行きました。

「実はグリークタウンは歩いて行けてしまうのですよね!」 歯切れよくお話になるK様に「ほおぉ〜。」
いや、実際に ほおぉ〜とは口に出して言ってません。それではまるでおやじです。


a0123450_12002070.jpg


東京の都会が恋しい私にはデトロイトは最高です、とメールを交わし始めた頃に書いて下さったK様。

危険な場所をさけてデトロイトの街を楽しむ方法をしっかりと知っていらっしゃる。用心しなくてはいけないのは どこにいても同じですね。その通りです。


a0123450_12052636.jpg


久しぶりにグリークタウンに来れて嬉しい。もう、何というかグリークタウンの雰囲気です。私の脳裏にあり続けた通りの・・・!

1回だけCollieちゃんとグリークレストランで食べたことありますが、まだまだ美味しい所があるのでしょうね〜。途中、K様がここが美味しいと教えてくれます。現地の方の情報ってありがたいですね。また訪れることがあったら、いやあったらなんて弱い発言はダメですね・・今度行く時に またしっかり聞いてメモをとりたいと思います!


a0123450_12124918.jpg


ありましたーーー!!! ここです! ここです! 前に中を見学だけしたけれど買わずじまいだったペイストリー屋さん。名前も覚えていなかったのですが、グリークタウンの有名なペイストリー屋さんとK様に伝えたら教えて下さいました。ここで時々買ってから家へ帰るそう。そうですか〜、素敵です。

こちらに後で寄りましたよ。その時の様子、次回お伝えしますので見て下さいね。(^^)


a0123450_12181579.jpg


ミシガンは落ち着いた素敵な郊外のダウンタウンも好きですが、デトロイトは、デトロイト独特の雰囲気がありますね。MOTOWNと表現すればいいでしょうか。デトロイトの愛称です。


a0123450_12221381.jpg


カトリック教会があるけど見てみますか? とメールで提案して下さったK様
ブログを読んでくれているからですね。まあ、何てありがたいことでしょう!

中を覗くと何かサクラメントの催しが行われているようで、撮影は出来ませんでした。
ミサとはまた違うような・・・ しばしドアの近くに立って式の様子を見学した後、外に出ました。
天井が高く、さすがの壮麗さでございました。デトロイトの大司教区で3番目に古いカトリック教会です。


a0123450_12251149.jpg


教会の向かいにある建物を写しました。

本日調べてわかったのですが、ここは St.Mary's School という建物だったのです。1868年に建てられ、学校、孤児院、修道女の宿泊場所として100年近く使われました。スクールが閉じた後は St.Maryのコミュニティセンターとなりましたが、最近では10年以上空き家状態だったそうです。アメリカにおいて最も古いカトリックスクールのひとつ、歴史的跡地です。

今現在は、JACK Detroit Casino-Hotel というカジノになっています。


a0123450_13065513.jpg


カジノが盛んなグリークタウン中心地にある Old St.Mary's Chatholic Church

交差点を急いで横切る時 シャッターを押しました。一瞬の出来事でしたが、動きのある写真で好きです。

グリークタウンを訪れる方は 必ずこの教会を目にするはずです。その時、道を隔てて隣にある建物は、元 St.Mary's School だったのだと思って見て下さったら嬉しいです。




[PR]
by miniature-rose | 2018-07-28 13:29 | to Michigan

今回のミシガン滞在は超短期間とはいえ、出発前に報告をしておきたい方がいました。

ミシガン事情について私に教えてくれた日本女性。私が一人でもミシガンに住める可能性について考え、力になろうとしてくれた方です。


a0123450_21475780.jpg


私が連絡をする前に、その方からメールを頂きました。
ブログでミシガンに来ることを知りましたが、お会い出来たら嬉しいです・・と。

「今回お会い出来なくても、いつかお会いできると信じています!」

なんという心を打つお言葉でしょう。

私のブログを読んで下さっている方がミシガンにいらっしゃったのです。


a0123450_21513770.jpg


ちょうどCollieが日曜日に約束があったことから、この日にお会いするのが最適でした。

場所は、GM Renaissance Center
General Motors の本社があり、デトロイトのウォーターフロント、超高層ビル群です。


a0123450_21554741.jpg


初めてお会いする方です。しかしながら、メールでの文面はさることながら、様々な資料を送って下さったこと、発言の内容から、私は会わずして この方を信頼していたのです。

私と同じように東京とミシガンで遠距離恋愛をし、その後 結婚されてミシガンに住まれています。
(その後 結婚されて以降は私と同じじゃーないな、、、いや、なんでもない....)

私を焦らすことなく、私に出来る可能性について何か役に立てたらと、ある日メールを下さった方でした。
それが、ありがたかったです。


a0123450_22040320.jpg


デトロイトリバーを望む -  前にもここから眺めたことがあります。対岸はカナダのウィンザーです。
私は、カナダに行ったことがありません。

「君が彼女を信用出来るのなら、彼女に僕の携帯番号を教えてもいいよ」

私が日本を発つ前、Collieが私にメールで言いました。
私のスマホの通信状況は不安定であったので、彼が連絡係となりました。


a0123450_22115481.jpg


ゼネラルモーターズのショールームは広くて迫力。デトロイト復興を支援する気持ちが再びわいて来ます!

12:30が待ち合わせですが、11:45頃着いた私たちは(そう、Collieも一緒です)GM Renaissance Centerの中を見て回ります。久しぶりに来たから観光ですよ〜。Collieも含め。笑

12:20になる前だったかしら・・ 1FのPanera Bread近くのテーブル席で、CollieがK様にテキストしているの。。早めに着いてもういるよって。車で向かっているK様を焦らせてしまいました。。 もし彼女がもう着いている時のため念のため・・なんてCollieがね。(らしいわ...) 後で聞くと、K様の旦那様も早めに出た方がいいんじゃないかと言ったというから、おもしろいですね。


a0123450_22245097.jpg


ビル内を見て回っている時 最後に写した写真。吹き抜けのショールームを見下ろせるように、各所にブースがあって座れるようになっています。スペクタルな演出ですね。こんな広々とした空間でお話しも出来れば、静かなので会議だって出来ちゃいそう。ここで飲食してもいいのかな・・?

さて、1階に移動して待っていた私たち。Collieは これから用事の場所へ向かうけれど、K様と対面して挨拶しておくために同行していました。

外の入り口から現れるのかなと思ったK様は、私たちが座っている場所より内部にいらっしゃいました。Collieが私より先にK様を見つけました。

わあ! 勢いよく手を振って現れたK様・・! ありゃ、Collieが見つけてCollieと手を振りあっとる。。
出遅れてしまったわ。いえいえ、私も一緒に初めましての挨拶を! 

画期的な日曜日が、今 始まろうとしています。




[PR]
by miniature-rose | 2018-07-27 22:56 | to Michigan

a pleasant walk on Sunday morning


しゅうとめ、じゃなかった、ままははのAirbnbで当てがわれた個室は蒸し蒸し、おまけに虫まで出て、Collieは靴下に犬の毛がつくと言うんですの。。 個室独自の温度調節は出来ないので、じっと我慢しましたわ。何しろあの...言える雰囲気じゃーなかったんですの。


a0123450_20240129.jpg


無難に過ごす方がいいってことがありますですわよね・・・。信じて下さるなら、皆さま、私たちの態度は、いたって礼儀正しかったのでございます。特にCollieにいたっては、それはもう しおらしいものですわ。。 そんな時、私は彼を見直すんですの。冷静で上品なのでございます。Roseはね、表向き丁寧でもCollieには ぎゃ〜ぎゃ〜言っていますから。


a0123450_20280503.jpg


しれーっとした家の主(いちおう夫婦なんだろうな。。)に対しても、挨拶は礼儀だと思っていますから、「おはようございます!」と それはもう爽やに進んで こちらから言いましたわ。なんか....逆のような気もするんでございますけどね....。

ゲストを迎えるって(しかも金銭的に商売として)、せめて基本的な挨拶位はしてしかりじゃないかしら?


a0123450_20325508.jpg


このアメリカで そんな根暗な方たちの経験をするとは思いませんでしたの。かなりのカルチャーショックを受けたRoseでございます。

特に女主人、ウェイトレスでもしたら根性叩き直されることだと思いましてよ! そう、「お客様の立ち場に立って」言動すること。初めは心の中で何と思っていてもいいのよ。とりあえず「そうなんですね、確認します。教えてくれてありがとうございます。ご迷惑おかけしましたわ。」なんて言えたら、しめたもの。まあ、そこまで期待しませんわ・・・


a0123450_20385353.jpg


でも神様はいる。してやったりと思っていても、そのうち、思い知らされるような場面に、あなたはお会いになります。私たちの経験したことを、あなたがこれからの人生の、どこかで経験することになるのです。

その時、自分のしたことの非情さに気づきなさい。


a0123450_20431561.jpg


その力を神様と表現しないのなら、宇宙、ユニバース、何でもいい。この世は不思議な力が働いている。

自分のしたことは、いつか、自分に返って来ます。必ず。


a0123450_20500333.jpg


だから悔しがることはないんですけどね〜。人間だから、酷いことされたら傷つくし暫くは落ち込みます。

感情を無視しないのは大切なこと。思いっきり沈んだら、後は - 
この経験を これからの人生でどう生かすかです。


a0123450_20511840.jpg


CollieちゃんはRoseの先を行く。いや、単に今 目の前を歩いているからではなくて。。 それはRoseが隠し撮りしたいから後ろを歩いているだけであって、この・・。(変態かい) 彼には しっかりバレておりますが、、、いや、変態じゃなくて、隠し撮りが。

つまり、静かな心において です。

まことに、Collieは 私の宝よのぅ。。( ーー。) ←あの...大丈夫でしょうか....。


a0123450_21023865.jpg


「ちょっと外を歩いてみよう」とCollieが言ったので、うん行く行くーーー。と朝の心地いい散歩です。

いいですね、好きな人と清々しい朝に歩くって。。デレデレ(--)←やっぱり変態かも...


a0123450_21035540.jpg


これはアパートなのかしら? もし一人暮らしだったら、ここに住んでみたいです。


a0123450_21064197.jpg


私には飛び抜けた才能がある訳ではありません。「自分のしたいこと」よりも「自分のできること」をしてお給料を頂いています。決して自分を卑下する訳ではありません。それも一つの生き方だと思うからです。



a0123450_21075272.jpg


ここも素敵ですね。やはり私は、家においては 水色と白の色使いに魅かれるようです。


a0123450_21100715.jpg


今の自分に出来ること。やるべきことをこなしながら、どうしたら自分が日々幸せに暮らせるか。
そこにフォーカスすることが大事だと思います。


a0123450_21130207.jpg



生き方は - たった一通りではない。

試行錯誤して方向転換するのもOKだけれど、実は、自分でも思いもしなかったような展開を、神様が用意してくれているのかもしれません。ええ、きっと・・・!

日曜日。それぞれ別行動をした後に、再び合流する日です。 完璧な計画が、私たちを待っていました。




[PR]
by miniature-rose | 2018-07-25 21:43 | to Michigan

日曜日の朝174.png

昨日 近所のWhole Foods Marketで買った食料をテーブルに持って来ました。

朝、Collieちゃんがキッチンは使わせてもらっていいのかな?と まま母オーナーに聞いたら「ダメだ」と言われました148.png Airbnbの広告ではダイニングとキッチンは共有と書いてあったのに149.png149.png149.png まあ、昨夜のWifiの件といい、さしてびっくりしませんでしたが。

個室の冷蔵庫にはプラスチックの皿とグラスが吊り下げられていたので、そこから取ってダイニングに持って来ました。後から知ったのですが、この皿とグラスも泊まり客からの指摘でしぶしぶ追加したらしいです。その人も要望があったらプライベートで教えてと言われて、書いたらお返しに自分のパブリックページで悪口の逆襲に会ったのかしら?105.png とにかく、この家の人は家ではなく外に食べに行ってもらいたいのです。

今思えば後悔しています。Airbnbに対してのレビューは、これから泊まるか判断するお客に向けて参考になることを書くべきなのですから。パブリックなレビューでは不利になることを書かせず、プライベートで書かせるオーナーの策略に まんまとのってしまったのでした。


a0123450_08522657.jpg


キッチン入れないからな...(・・)パンを軽くトーストするとか出来たら嬉しかったけど。。手でわしっとパンをちぎってチーズとチキンを挟みます。Collieちゃんはプラスチックのコップ、使わなかった。コップは一人一つしかないから汚さないようにして、オレンジジュースは直接びんから飲んでた。Roseは微炭酸のピンクグレープジュースを、プラスッチックのグラスに注いだ。軽いから倒れないよう そっと。せっかくの珍しい微炭酸はグラスに注いでみたかったからです。

シナモンロールも、ちょこっと せめてレンジで温めることが出来たら嬉しいに違いないけれど・・・

続き部屋のキッチンからは、料理を温めた匂いがぷ〜んと漂って来る。

泊まり客は温かい飲み物は作れないから、用意して来たティーバックの出番はありませんでした。

最近スマホに「Airbnbでコーヒーと共に迎える清々しい朝・・♪」みたいな広告が表示され苦笑してしまいましたよ。宣伝の意図は、ホテルとはまた違う、アットホームな家だからこそ味わえる素敵な朝食を経験しましょう!ですから。そうなんですよねー。Airbnbのbnbって、"bed & breakfast"ですよね。お湯もレンジも使えないなんて思わなかったわー。103.png いえ、いいんです。もしちゃんと「キッチン使用不可」って書いてくれていたのなら。問題なのは、「キッチン共有」とあったのに「入るな」だったから。ウソの広告はいけませんよねー。


a0123450_09200628.jpg
a0123450_09201120.jpg





















食事をしていると、シベリアンハスキーが。女の子です。泊まり客にフレンドリーです。


a0123450_09244457.jpg


Whole Foodsで買った この可愛いシナモンロール、日本に持ち帰りました。美味しかったです❤︎
オーブントースターで温めるとシナモンの風味が増して、パンもいい感じで柔らかくなりました。

食感は、ベーカリータイプのように層はなくて、アーモンドプードルでしっとりのフィナンシェがくるくる巻いてある感じです。

ほんのちょっとしたことで人は幸せに感じると思います。例えば、カフェで店員さんがおかわりのコーヒーを笑顔で注ぎに来てくれた・・・ それだけでも、気持ちが明るくなり、嬉しかったりするのです。一日の気分さえ明るくするような・・・ 値段ではありません。もう少し如何ですか? と、相手にもっと楽しんでもらいたいという気持が嬉しい。それで温かいコーヒーがもっと素敵なものになるのです。

今は夏だからいいけれど(夏でもコーヒーをホットで飲みますが)、ミシガンの寒い季節は、温かい飲み物だけでも 泊まり客に安らぎを与えるに違いありません。

お金をもらう客じゃなくたって、私なら「コーヒーいれるけれど一緒に如何ですか?」とか、すぐ側にいるのだから「あら、パンはトースターがありますのでよかったら使って下さいね!」とか言いますよ。ついでに「これ食べますー!?^^」なんて言っちゃいそう。

いろいろ書いてしまいました。117.png いいんです、何度も言いますが「キッチン使用不可」とさえ表示があれば、こちらも期待しませんから。。


a0123450_09442169.jpg
a0123450_09441517.jpg





















食事の後、CollieちゃんはRoseの使ったグラスを、これをすすぎたいのですがと まま母オーナーに頼んでいました。偉いのう。。 私だったら、すっかりひるんでバスルームの水道で洗ってしまいそうです。Airbnbの名前は義母ですが、私の中では継母のイメージです。だから まま母オーナーと呼びます。


a0123450_09562788.jpg


Birminghamの豊富なレストランへ行くよう、客に進めている。まま母オーナーは言うけれど。

歩いて行けるところは二つ三つあり一番近いところで徒歩18分です。人によっては朝は家でさっと済ませたいこともあるでしょう。ほとんどのAirbnbはキッチンが使えますから。

文句があるならホテルに泊まれ。まま母オーナーの意見。いいんです、それはあなた方の自由ですから。
また言いますが、「キッチン使用不可」と本当のことを表示して下さい。それならここは選びません。

予約することはもうないですが、ミシガンへ来る前、楽しみに胸躍らせたAirbnbでした。


a0123450_10201932.jpg


昨日、Collieちゃんがこんなのを添付ファイルで送って来た。102.png...... これは、Roseに言っているのね。。
はい、体験談をブログに書きましたが、grudge(恨み)は持ち続けないようにします。ありがとうーー!

許すことって、忘れることと同義語でもあるよ。一期一会だからね。(三日泊まったけど)
お互い関わりたいならまた出会いはあるけれど、今回の人々は、もう会わない過去の人々。

それでも、ここを拠点にしてBirminghamの街を探索出来た経験は素晴らしかった。
だから、これからは感謝の気持ちだけを持ち続けることとしょう。"successful"に!




[PR]
by miniature-rose | 2018-07-22 10:43 | to Michigan

時刻は夜の9時に近づきつつある頃、私たちはビアレストランで遅めのディナーを☆

Birminghamの住宅街にあるビール醸造所兼カフェは、お店の中と開放的なオープンエア、どちらも楽しめます。来たのは2回目。1回目は、以前 私がBirminghamの感じのいいAirbnbに泊まった時のことでした。
そこからは歩いて近かったです。また行きたいと思っていたので今夜実行!


a0123450_10220526.jpg


9時台でも夕方のよう175.png 土曜日の夜ですもの、お店は満席でしたが、運良く外を見渡せる大きなテーブルに2人分の席をとることが出来ました。隣のカップルも座りなよ!ってフレンドリー。私の好きなアメリカの一面です。うん、この席 最高102.png

こんな風に お外を見ながら会話して、美味しい食べ物を 好きな人と頂くって最高です173.png


a0123450_10222747.jpg


Roseは Mr. Blue Sky という生にしてみましたよ❤︎ American Pale Wheat Ale で、グレープフルーツの皮とコリアンダーを加えて醸造されています。

Collieは・・・こんな小さなグラスあるんかい151.pngと思わせるグラスで! せっかく治った頭痛に用心して。
お試しに いろいろ飲んでみたい時にいいですね。IPAだったかなぁ。シャープなホップのお味が爽快です♫

食べ物は・・Roseは夜遅いことと、ダイエットしなきゃという気持ちで無理して103.pngビールのみにしたのでした。いや、Collieちゃんがちょっと食べ物わけてくれればいっかー165.pngと思って....


a0123450_10224397.jpg
CAESAR WITH CHICKEN


元気のいいグリルチキンの乗ったサラダだわ。。 今夜のCollieちゃんの夕食です。

ところが..... 「ちょっと食べる?」と聞いてくれたと思ったのですが、待っていてもその気配がありません。最後のチキンを、「もう僕お腹いっぱいだけれど食べるよ」と口に入れたCollie。あ、あれ、、、149.png 言えばよかったのだけれど、なんだかそのままになっちゃって....。バカですかね、わたしは.....。一口欲しかった.......。今思えば、Collieがチキンをさしたフォークごと わしっとつかんで、ガブッと食べてしまえばよかったですわ。。(どんな女だ)


a0123450_10231159.jpg


ビールのネーミングが面白くて、たとえば Security and Finance なんていうのもありました。手堅く失敗のないビールなのでしょうか。。? 地元の人々が憩う、ナイスなビアレストランです。
https://griffinclawbrewingcompany.com

オフィシャルなスタートは2013年7月ですが、その前に長い下積み時代があり、今花開いているのですね!


a0123450_10232825.jpg


1時間程お店にいて、その後Collieが散歩しようか?と言うので賛成162.pngと一緒に歩きました。

Birminghamの住宅地 静かでロマンチックな夜


a0123450_10234151.jpg


歩いている途中 蛍が見えた!! 暗闇に ところどころ小さな光が飛んでいるのです。日本でこんな体験をしたこと、なかったです。写真にとらえることは出来ませんでしたが・・・


a0123450_10235986.jpg


途中から引き返して、再びもとの方向へ戻ります。だいたい20分位のお散歩だったでしょうか。
昼間にはない街の雰囲気をしっとりと感じました。


a0123450_10245430.jpg


Griffin Claw は まだまだ盛況のようですね・・笑

夜10時を回った頃、私たちは帰路に着きました。




[PR]
by miniature-rose | 2018-07-21 10:44 | to Michigan

ミシガンへ来ると、必ず尋ねるのがCollieのお母様の家です。彼が生まれ育った所です。
Collieは自分の家とお母様の家と、両方を行き来しています。だから、日本でメールをもらった時、今はどっちにいるのかな〜なんて思います。

お母様は優しく私を迎えてくれます。私の話したことを覚えてくれていて、会社を変わってからどう?とか
あなたの手はとても綺麗ね、今もハンドモデルをしているの?とか・・・ わぁ、覚えてくれていたんだ!って嬉しかった。

ミシガンに私を気にかけてくれる人がいる。私の話を親身になって聞いてくれる人がいる。
そのことに、私は心を動かされ、感動するのです。


a0123450_20440283.jpg


土曜日の夜7時台は、まだ明るく 

ちょっとRoseと寄るからねって Collieがお母様に連絡をし、訪ねました。

私のお土産を嬉しそうに笑顔で見てくれるお母様
行く度に、最近の家族写真を私に見せてくれるお母様

そのお母様の息子だからこそ、Collieが優しいのだと。

世の中の人全員に好かれるのは不可能です。ですが、私はCollieのような人が好きで、そのような尊敬出来る素養を持つ方々が、私のことを好きで気にかけてくれることが、とても嬉しいです。


a0123450_20533151.jpg


Pepperです。よく動くので撮るのが難しい。。笑  お母様と話をしていると、隣の部屋でCollieが

「わー!!! Pepper!! ごめん! 大丈夫かー!?」と叫んでいるのが聞こえました。

何かと思ったら、、、

「Pepperがじゃれようとして僕の足にぶつかって転んだんだっ!!!」・・・って

本気の本気の心底心配したCollieが私たちに うったえる。


(--)


・・・ったく、犬なんかすっ転ばしといたってたいしたことないじゃんかよ。。
っと思うRoseですが、そんなCollieが また好きなのです。

まてよ、Pepper。。 Collieに心配してもらいたくて、わざとやったんではあるまいな。


a0123450_21055144.jpg


ありえなくはない。Pepperは誰よりもCollieが好きだから。ああ見えて頭がいいらしいから。

お母様が私と話をしながらPepperの頭を撫でていると、横からCollieが
「手がPepperの目に入らないように気をつけてねっ」だって...。私も彼に言われたことあったわ。。
ちょっぴり安心。笑

私の側に来て おどけるPepper 「あなたを覚えているのよ」とお母様。

優しい心の方たち

私にとって、生きる上で大切なこと。誠実、思いやり、優しさ・・・数多くの愛に基づく心がここにある。


a0123450_21281169.jpg


その庭では今ラズベリーが。日本は猛暑ですが、写真の日差しを見るとミシガンも暑そうですね!


お母様が今度も You are beautiful. と言って下さいました。 Collieがたびたび言ってくれるように -

誰にどんなに意地悪されても、この優しい方々の言うことが本当なんだって信じることが出来ますよ。^^

皆さまも、自分に いいことを言う人、悪いことを言う人がいたら、いいことを言う人を信じて下さい。
そう思いませんか?


日本にいても、私の心はミシガンにあります。




[PR]
by miniature-rose | 2018-07-19 21:59 | to Michigan

WHOLE FOODS MARKET といえば、品質の良い自然食品やオーガニック食品が充実177.png

前にミシガンで行ったことがありましたが、Birminghamではなかったようで・・ 初探検です!


a0123450_10535252.jpg


明日の日曜日の朝は、いよいよ念願のWistle Stop Restaurantで朝食が食べられる!!!っと胸躍らせていたのですが、、、 Collieが「日曜日は安息日だからね。人々に労働させない為にも外で食事はしない。」

ガーーーーーーーーン 153.png 140.png 135.png

旧約聖書に出て来る律法です。皆さまは、モーセの十戒 という言葉を耳にしたことがあると思います。
その中の一つに

Remember the Sabbath Day and keep it holy 安息日を覚えて これを聖なる日とせよ

があります。もちろん私も学んだし知っていたのですが現実の生活で実行しておりませんでした。
何故なら日曜日に教会に行って、その後カフェに寄るのがお楽しみの生活を送っていたからです。
これは、クリスチャンでも行動の分かれるところです。ミサ後にみんなでブランチをしますから!


a0123450_11191267.jpg


Collieは年々カトリックとしての生き方をより強めたいと願っていて、それが行動に現れています。

きみは朝食に行ってもいいよと言われても、行く訳ないじゃーーーないですの。。120.pngしゅん


a0123450_11231986.jpg


ええ。ちょこっとした食べ物だけと思っていましたけれど、明日の朝食を買おうではありませんのーーー。


a0123450_11285552.jpg


Roseがお店へ来て写真を撮ると、スイーツばかりになりますね。。105.png 今 食べれないけど興味津々よ。

ああ・・金曜日にアメリカにやって来て、目的の Whistle Stop Restaurant に なかなか行けないわ.....145.png


a0123450_11334847.jpg


よよっ。モチが売っていますね。これは日本語のモチですね。150.png170.png クリームがお餅で包まれています。
へええー、アメリカで密かにブームなのでしょうか、おもしろいです!


a0123450_11382365.jpg


結局 私たちは パンとスライスチーズとチキンスライスと飲み物を買いました。Collieの家からスナックやバナナ、みかんを持って来ていたし、充分です。ミニ・シナモンロールも買っちゃった110.png 日持ちしそうなお菓子なら買えます。WHOLE FOODS MARKETのってどんなかなあ? 楽しみです❤︎

Birminghamの WHOLE FOODS MARKET は 8:00am - 10:00pmで、 生ビールを飲めるお店も入っていますよ。
店内で買った食べ物をここで楽しむことも出来ます。テーブルはガラス越しに外が見渡せていい感じです。

お高いから、私としては日常的にはKrogerでいいと感じました。その中でいいものを探す楽しみを持とう♪ ここで買い物をするお客さんは痩せている人が多いです。「他の店で見る客と違うだろう?」とCollieが囁きます。それなら - リーズナブルな商品の中から いいものを選択する目を養うこととしましょうか。124.png




[PR]
by miniature-rose | 2018-07-16 12:26 | to Michigan

私たちが泊まるのはBirmichgamですが、とてもTroyに近い場所です。
土曜日 夕方4時からのミサに、ギリギリで滑り込みました。

席は信者でいっぱいでしたので、後方の簡易的な椅子に彼と並んで座りました。


a0123450_21091228.jpg


私が今まで経験した中で 一番明るく活気的な雰囲気のミサでした。Upliftingというか、encouragingというか・・・ カトリック教会のミサは静かでどちらかと言うと厳かなイメージでしたので、新鮮な驚きです。


a0123450_21182392.jpg


日本で通っている教会ではしませんが、アメリカでは PENITENTIAL ACT をミサの冒頭で唱えて皆で懺悔するのが普通のようです。

私の中で次に進みたいという気持ちが芽生えています。暗記していないのでまだ口パクになってしまいますが、覚えて言えるようにしたいです。

PENITENTIAL ACT

I confess to almighty God
and to you, my brothers and sisters,
that I have greatly sinned,
in my thoughts and in my words,
in what I have done and in what I have failed to do,
through my fault, through my fault,
through my most grievous fault;
therefore I ask blessed Mary ever-Virgin,
all the Angels and Saints,
and you, my brothers and sisters,
to pray for me to the Lord our God.

毎週これを唱えていたら、行いが絶対変わるような気がしますね! 行いだけではなく、心の中で思うことや口に出す言葉にも注意を払わなくてはいけません。特に、思考においてまでも罪を犯さないようにするのって難しいと思います。

それから、日本では the Apostles' Creed(洗礼前に言えるようにして現在に至ります)を唱えていますが、アメリカでは the Nicene Creed という信条です。こちらはもっと長いのです! でも Roseは彼の隣で唱える日々を待ち望んでいます。


a0123450_21301654.jpg


ミサの途中、皆で手をつなぎあうシーンがありました。左隣のスーツを着た紳士が私の手を握ったので、私も右隣のCollieと手をつなぎました。横並びの信者が自然にこのようなことをします。必ずしも全員ではありません。"兄弟"として・・・

Peace be with you...

静かになったミサ室でCollieとセルフィーを撮ったりも。お友達が送ってって言っているから、てね。^^
ホントにそう言われたからだけれど、口実が出来たような・・どさくさ。笑 お陰様でいい記念写真です。


a0123450_21490123.jpg


外へ出て、向かいの素敵な建物はアパートかしら・・・ 目の前が教会ってすごいですね。
同じ一人暮らしならここで暮らしたいな。でもTroyだから家賃が高いかな。。なんて想像


a0123450_21533378.jpg


こちらの教会を紹介しているYoutubeを見つけたんです。お時間は3分以上ですが、もしゆったり音楽を聴きたい時がありましたら、どうぞご覧くださいね。。 この日訪れた記念に、私も見させて頂きました。








[PR]
by miniature-rose | 2018-07-15 22:12 | to Michigan

義母という名のAirbnb


BirminghamのAirbnbに予定より早く着いた。約束時間に遅れないように気を配るCollieは、いつも渋滞があった場合のことを考慮して行動する。

もともと、他のAirbnbを予約したのだが行き違いになった。だから残ったのがBirminghamで徒歩圏内にCafe等がある場所として、ここが最後の場所だったのである。立地条件は最高だったのだが、「義母」という名前がついているので直感で嫌だと感じ、始めは他を予約しようとした。

だが、ホストとのやりとりは順調で、私はここへ来るのを楽しみにしていた。

20分ほど早い到着だったのでどうしようかと車の中で話していたら、家の中から女性が出て来た。「彼女がそうだよ」Collieが言う。私は戸惑った。Airbnbのプロフィールは、長めのダークヘアの女性が胸の開いたパーティードレスを着て胸に手をあてている写真だったからだ。想像では「Rose 遠い所からようこそ。ほほほ・・♪ くつろいでちょうだいね〜。」みたいな。

ところが、出て着たのは白髪のおかっぱ頭の地味な女性で、笑顔はなく暗い、良く言えば落ち着いた人物であった。

人は、実際 対面するまでわからないものだな、と思った。


a0123450_06135297.jpg


家に入り、夫妻と会う。使用する部屋を案内され中へ入った。簡素な説明だったので即済んだ。

おおよそホスピタリティという言葉は当てはまらない。彼女達は、人と会うのが好きで、人をもてなすのが好きでAirbnbをしている訳ではないと感じた。お金が目的なのだと思った。それはそれで構わないのだが。

その日、部屋の中でCollieに話した。「ここは今までのAirbnbと具合が違うみたい。ごめんなさい。」

前に経験した BirminghamのAirbnb 2つは、宿泊がプラス1人までなら追加料金はなかったから、Collieは臨機応変に来れる時は来て・・という具合だったが、ここは2人の場合はプラス料金となる。なのでCollieはしっかり着替えを用意して来てくれた。料金は前の所より高いくらいなのに、なんだか居心地が悪い所で彼が毎日泊まることになって残念だった。


a0123450_06193426.jpg


ここは宿泊している客が一応使ってもいい場所

しかし、どうも出て行き辛い。お金を払っていながら、ここにいるのは遠慮した方がいい気にさせられる。

出来ることなら客専用にあてがわれた部屋から出て来ないで欲しいと言われているように感じさせられた。

それでも、聞かなくてはならないことはある。Wifiの暗証番号だ。日本ではサイトを見ても表示されなかったから女主人に聞いた。すると、「ハウスルール(Airbnbのページ)に書いてあったでしょ。」とそっけなく一言。調べたけれど見つけられなかった旨は伝えたが。結局棚に置いてあるパスワードを書いた紙切れを指示され、終わったら戻しておくよう言われた。Collieと2人各自のスマホで試みたがうまくいかない。

たまたま日本の携帯会社が提供する世界データの接続時間が残っていたから、再度Airbnbのサイトを調べたら、アメリカではWifiのパスワードが表示されるページまで開くことが出来た。見ると、紙に書かれた手書きで 彼が「9」だと思った文字、私が「q」だと思った文字は実際には「a」であり、手書きでは「B」で書かれていたのは、正しくは小文字の「b」だった。これではアクセス出来る訳がない。しかし、手書きの間違いについて指摘出来る雰囲気ではなかったので、そのまま紙きれを部屋の外の棚に戻しておいた。


a0123450_06284277.jpg


チェックインを済ませ、外出する私たち -

明日の日曜日はそれぞれの別行動が待っていたので、土曜日の夕方ミサに行く。周辺でいくつか教会があった中、Collieがちょうど4時からミサのある教会に目星をつけた。

もともと、ここのAirbnbは別の人が予約していたから泊まらないはずだったが、日本を出発する2日程前に空いているのを見つけて試みたのである。キャンセルが出たのだろう。

できれば、そこに住む人と和やかに過ごしたい。

初日、私は彼に聞いた。「ここの人たち、どう思う?」 そんな質問するのは、自分があまり彼らに対して明るいイメージを持てなかったからだ。 彼は、「人を理解するのには時間がかかるよ。」と言った。

その通りだ。私は彼の言葉を尊敬する。

その言葉をふまえた上で、今 私が思うこと。

もし、アメリカ人が彼女のような人ばかりだったら、私はアメリカを嫌いになっていただろう。

まさしく世で悪く言われる方の継母のイメージを感じさせた、義母という名のAirbnbであった。




[PR]
by miniature-rose | 2018-07-15 07:27 | to Michigan

Roseです。東京でOLをしながら、アメリカを訪れる休暇を楽しみにしています。理由があって、2015年4月4日にカトリックになりました。洗礼名は Raphaela 意味は "God heals." 「今」に生き 愛しい日々を大切に・・・☆


by Rose